オーダーメイドの良さ

紅葉

これから宮城県に引っ越しをしようとする場合、実際に住んだことがないとその地域はどんな環境であるか住みやすさはどうなのかとなります。
宮城県に移住してくる理由としては、就職や進学などが大半です。
仙台に本社を置く会社もありますし、仙台市内には国立大学を含め私立大学や専門学校も数多くあります。
そのため宮城県内から県外に就職や進学で離れる人よりは、生まれてから就職するまでずっと県内にとどまるというかたも多いのです。
住みやすさでいえば地下鉄があることが大きいです。
南北と東西に路線が伸びていますので、仙台駅を中心に買い物だけでなく通勤や通学にも便利です。
気候ですが浜風のおかげで夏は暑くなり過ぎず過ごしやすい環境にあります。

宮城県の中で県庁所在地である仙台市は、人口が100万人を超える東北地方の中でもっとも多い都市です。
宮城県の人口の半分近くが仙台市に集中しているのです。
市内にも大学や専門学校が多数ありますので、毎年卒業で人口が出ていくと同時に入学でそれと同じくらいの数の人が流入してきます。
また、東北地方となると北にあり雪がよく降るというイメージがあるのですが、さすがに蔵王連峰などの山間部は積雪量が多いです。
しかし、仙台市内に限っていうと、太平洋に近いという影響から晴れの日が多く比較的温暖です。
そして、太平洋側からの浜風の影響により夏もそれほど暑くなることがないので、一年を通して気候面では快適に暮らせる環境にあります。